大阪産業大学産学連携研究推進事業
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement

地域産業創出型有害物質新制御システムの開発に関する研究プロジェクト

文部科学省の私立大学学術研究高度化推進事業として選定された、産学連携研究推進事業の「地域産業創出型有害物質新制御システムの開発に関する研究プロジェクト」

 

Image

本プロジェクトが取上げる課題は、有害物質の濃縮技術と分離技術とを統合したシステムの開発です。有害物質で汚染された河川、湖沼、地下などの水環境系、上水・下水・排水の水処理系、廃棄・汚泥系、土壌系などに適用できる有害物質分離・濃縮、分解プロセスを、それらを構成する要素、材料とともに開発し、実用できる処理・浄化システムの考案とプラント製造につながる一連の環境修復技術の構築を目指します。

 

地域産業創出型有害物質新制御システムの開発に関する研究

開発対象

対象系環境水、上・下・廃水、廃棄物、汚泥、土壌
対象物質
  • 微量有害有機物質(ダイオキシン、環境ホルモン等)
  • 新規規制有害無機物質
  • 有害藻類(富栄養化関連物質)

 

適応技術の開発

分離濃縮、分解プロセスの開発
  • 高度膜分離
  • 新素材吸着
  • セラミックス多孔質体高温分解
  • 新素材利用電解
  • 特殊機能微生物利用による分解
  • 化学酸化
  • 超臨界流体利用による分解
微量物質の高度分析技術の開発

 

有害物質処理システムの提案

産学連携によるプラント設計、実用装置・システムの製造
  • 膜分解水処理新システム(中小規模化学品製造工場排水、浄水、下水二次処理水)
  • 新素材吸着処理新システム(中小用水路廃水、排水二次処理水)
  • 環境水高度浄化システム(汚染地下水)
  • 濃縮有害有機物処理新システム(膜分離法濃縮水等)
  • 水再利用、有機物質改修システム(メッキ廃水、タイヤ製造廃水)
  • 燃焼排気ガス中ダイオキシン類分解システム(焼却炉排ガス、大阪近辺汚染土壌)
  • 土壌中ダイオキシン類分解システム(ダイオキシン類汚染土壌)
  • 有害廃棄物燃焼システム(貯蔵PCB)
  • 微生物利用アオコ・赤潮分解システム(大阪近辺の池沼水)
  • 超臨界流体処理システム(廃棄有害物質(PCB等)、汚泥)
  • 汚泥減量、無害化システム(下・排水処理汚泥)

 

有害物質処理、浄化のための新技術の開発

新産業開発センターは、大阪産業大学が積極的に取組んでいる産学官連携の拠点施設となるものです。

文部科学省の私立大学学術研究高度化推進事業として選定された、ハイテク・リサーチ・センター整備事業の「新産業創生指向材料の開発と生産に関する研究プロジェクト」についてはこちらをクリック CLICK HERE

新産業研究開発センターのプロジェクトの成果は大学の研究・開発に留まらず、先述の産学官連携を通し、社会に迅速に還元していきます。

新産業研究開発センター